比較サイト ストロベリーナイト 8話 感想 | ドラ満月

ドラ満月

クニャのドラ満月


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - | - | - |
ストロベリーナイト 8話 感想
 ストロベリーナイト 8話 感想:マンションの一室で変死体で発見された岸谷清次(松田賢二)の

マンションに出入りしていたのは「楓」というスナックのホステスで、


春川美津代(木村多江)という女性だった。岸谷の部屋から見つかった小さな鍵は私書箱の鍵だった。
★こんにゃく楽天★

中には缶があり、街で隠し撮りされたようなアングルの暴力団関係者の雰囲気をまとった男女の写真、

34枚が入っていた。この前、射殺された神部組組長・神部剛敬(松本元)や鷹見組組長・

鷹見幸彦(清水哲也)の写真もあった。その中で封筒に入れられた1枚の写真があった。

どこかの海岸をバックに最高の笑顔を向けている美津代の写真だ。  

捜査一課特設現場資料室の林警部補(半海一晃)に写真を持ち込んだ姫川玲子(竹内結子)は、

神部と鷹見以外の3人も暴力団に関係があり、射殺されていることを教えてもらう。

他の6人も暴力団に関わりがあり、写真に写っている11人全員が殺されていたとしたら・・・。

玲子は11という数字にひらめきを感じ、今泉捜査十係係長(高嶋政宏)に岸谷が大和会系の殺し屋で、

17歳の時の傷害致死と29歳の時の殺人を合わせて、13人を殺したのではないかと訴える。

岸谷は自分が殺した人間の数だけ、木片を削っていたというのだ。

岸谷の死の真相を知る美津代を探しに玲子は菊田(西島秀俊)と共に伊豆に向かう。
| ドラ満月のクニャ | 16:56 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
PR
New entries
Recent trackback
Profile
Categories
Archives
楽天リンク
腕時計店
小品屋24時間営業中年中無休
★楽オク★
楽天下堂
携帯サイト王国
携帯サイト王国
かんたん相互リンク
Links
Admin
Genius Party