比較サイト ラッキーセブン ドラマ あらすじ 第7話 | ドラ満月

ドラ満月

クニャのドラ満月


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - | - | - |
ラッキーセブン ドラマ あらすじ 第7話

「ラッキーセブン ドラマ あらすじ 第7話:恋におちたら…」松本潤 仲里依紗 吹石一恵 

岡江久美子 小山慶一郎 角野卓造 大泉洋 松嶋菜々子 

淳平の元にまい込むお見合い話、そして幽霊発見の依頼


番組内容


自分の元に現れる幽霊が死んだ恋人かどうか確認してほしいと、

トメ(水野久美)という老女から依頼が入った。

しかし、筑紫昌義(角野卓造)から請け負えないと断られてしまう。

寂しそうに事務所を後にするトメの姿を見た時多駿太郎(松本潤)は心が痛む。  

そんな折、旭淳平(大泉洋)が友人から紹介された千崎陽子(中越典子)とお見合いをすることに。

陽子は航空関係の仕事をしているということで、淳平は見栄を張って自分は弁護士だと嘘をつく。

その様子をこっそり監視していた駿太郎と水野飛鳥(仲里依紗)はあきれる。


すると、陽子が自分は航空関係の探偵、つまり、乗客の忘れ物を探す遺失物係だと言った。  

数日後、陽子を呼び出した淳平は、嘘をついたことを謝罪し、本当は探偵だと明かした。

陽子は、自分と同じだ、と打ち解けた様子で仕事への思いを語り始める。

それを聞いた淳平は、トメのことを思い出す。  

淳平が事務所に戻ると、藤崎瞳子(松嶋菜々子)がトメの件の報告を受けたと言った。

引き受けることにしたのか、と尋ねる駿太郎に瞳子は、

恋人の幽霊を信じるトメに幽霊はいないと告げるのは酷だろうと答える。  

その後、自宅に戻った駿太郎は、母・百合子(岡江久美子)に亡くなった夫を思い出すことがあるか

と聞いた。百合子は、思い出しても戻って来るはずはないが、やはり思い出すと答える。

駿太郎はトメのことを考え…。

 オリスビッグクラウン堂

ウイッグ専門通販店ウイー
| ドラ満月のクニャ | 23:57 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
PR
New entries
Recent trackback
Profile
Categories
Archives
楽天リンク
腕時計店
小品屋24時間営業中年中無休
★楽オク★
楽天下堂
携帯サイト王国
携帯サイト王国
かんたん相互リンク
Links
Admin
Genius Party