比較サイト ラッキーセブン ドラマ あらすじ | ドラ満月

ドラ満月

クニャのドラ満月


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - | - | - |
ラッキーセブン ドラマ あらすじ

ラッキーセブン ドラマ あらすじ・・・ラッキー探偵社に無言電話がかかってきた。

時多駿太郎(松本潤)は、気配から、かけてきたのは男だろうと言った。

その後、探偵社には注文していないのに寿司やうどん、ピザなどのデリバリーが続々と届いた。

 そんな折、駿太郎に、早退していた水野飛鳥(仲里依紗)から電話が入る。

大至急だと呼び出された場所はテレビ局だった。

「私立探偵 真壁★リュウ」のイベントが行われていて、真壁の大ファンの息子・翔太(後藤奏佑人)と

駿太郎の弟・孝次郎(小山慶一郎)も来場していた。

そこへ現れた飛鳥は、駿太郎の腕を取り数組のカップルがいる待機場所へとやって来る。

駿太郎と夫婦に扮してクイズ番組に出場するのだという。

 同じ頃、筑紫昌義(角野卓造)は、機材庫近くに落ちた書類を取ろうとして誤って扉を閉めてしまい、

中に閉じ込められていた。しかも、探偵社に誰もいないため、

狭い倉庫のなかで四苦八苦するしかなかった。 

一方の駿太郎は、テレビ局の廊下で真壁役を演じる祐希守(谷原章介)を見つけ声をかける。

自分が探偵だと打ち明けた駿太郎に、

祐希は自分を脅迫している相手を見つけ出してほしいと頼んだ。

 飛鳥は、戻って来ない駿太郎にしびれを切らし、旭淳平(大泉洋)を呼び出そうと電話をかけた。

しかし淳平は、早く探偵社に戻ったほうがいい予感がすると言ってそれを断る。

その頃、筑紫はまだ機材庫のなかにいたが、探偵社にはなんと男の侵入者がいた。

 
| ドラ満月のクニャ | 04:56 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
PR
New entries
Recent trackback
Profile
Categories
Archives
楽天リンク
腕時計店
小品屋24時間営業中年中無休
★楽オク★
楽天下堂
携帯サイト王国
携帯サイト王国
かんたん相互リンク
Links
Admin
Genius Party