比較サイト 加地倫三プロデューサー | ドラ満月

ドラ満月

クニャのドラ満月


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - | - | - |
加地倫三プロデューサー
加地倫三プロデューサー・・・

加地 倫三(かぢ りんぞう、Rinzo Kaji1969年3月13日 - )[1][2]テレビ朝日編成制作局制作1部所属のゼネラルプロデューサー・演出家上智大学外国語学部卒。身長183cm[1]




人物:とんねるずの大ファンであったり、関根勤のラジオ番組にも投稿をしていた元ハガキ職人でもある。テレビ東京大橋未歩アナのファンでもあり、『雨上がり決死隊べしゃりブリンッ!』の「アメトーーク!とコラボレーーション」の回で「大橋アナ大好き芸人」が提案された時は「大好き」と発言している。

手法は、小学生のとき見ていた『THE MANZAI』に影響される。プロレスから「(起こっていることを的確に伝える)瞬発力、反射神経」を学んだと語り、それは演出・プロデューサーを務める『ロンドンハーツ』などのドッキリ企画で思わぬ方向に進んだときの迅速な判断、ジャッジする力に活かされているという[5]。『ロンドンハーツ』は日本PTA全国協議会が選ぶ「子供に見せたくない番組」で連続して1位になっているが、加地は「逆に個性がないと1位になれませんから。2位とか3位が1番よくないと思います」と語っている[5]。『アメトーーク!』を真似した番組が増えていることに、「流行に飛びつくばかりじゃなく、自ら考えていかないと業界が駄目になる」という危機感から苛立ちを感じると述べている[6]。テレビ朝日で脅威に感じる若手スタッフはいないが、テレビ東京佐久間宣行(『ゴッドタン』のPDなどを担当)は気になるという[6]

自ら「ゼロから何かを生み出すクリエイターではない」と語る。後輩にはいつも「俺は、天才肌じゃない。秀才タイプで、ただ努力したらここまで来れた。だから、誰でも努力すればこれくらいにはなれる。ガンバレ」と言い聞かせている[7]。また、「饅頭職人タイプ」であると例え、「ちゃんとやんないと気が済まないんです。それで儲けようとか、工場を広げていっぱい売ろうとかいう気はありません。視聴率を何%取ったということよりも、「今日、おもしろかった」「元気をもらいました」とBBSで書き込まれてるほうをどちらかというとめざしている気がします。」と『ほぼ日刊イトイ新聞』の糸井重里との対談の際に述べている[8]

オリコンは加地を「加地氏の制作スタンスを見ていると現在では数少ない“昭和のテレビ屋”の香りが漂ってくる。」と評している[5]出川哲朗は『アメトーーク』において、自分がメインの「出川ナイト」という企画を提案されたときに自分がメインの企画は自信がない上に視聴率がとれるか分からないと加地に言ったところ、加地に「この企画は視聴率なんて二の次なんです。面白いから放送するんです。」といわれて非常に感動したというエピソードを明かし、「今時、そんなこと言ってくれるテレビマンはあまりいない」と述べた[9]ラリー遠田は加地が『アメトーーク!』において敢えて捨て企画を放送するところを「そこが彼の本当に恐ろしいところ。プロデューサーとして突き抜けてる。」と評している[10]

(wikipediaより)

ダイエ問屋のショッピング
| ドラ満月のクニャ | 12:41 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
PR
New entries
Recent trackback
Profile
Categories
Archives
楽天リンク
腕時計店
小品屋24時間営業中年中無休
★楽オク★
楽天下堂
携帯サイト王国
携帯サイト王国
かんたん相互リンク
Links
Admin
Genius Party